Q、即日の対応もしてくれますか?

A、即日対応も可能です!ただし、引越しシーズンなどで予約状況が埋まっている場合はご希望に添えない場合もありますが、出来る限り頑張ってご希望に添えるようにします!

Q、仕分けたものは、どのようになりますか?

A、遺品は、「受け継ぐもの」と「不用品」に仕分けをします。「受け継ぐもの」は、作業終了後にお客様へお渡しし、確認していただきます。整理していると、思わぬところから金券や通帳、貴金属などが出てくることがあります。これらを発見した時は、全てご依頼者にご報告します。また、「不用品」はそのエリアにおいて適正な許可を持った専門業者に依頼し、責任を持って運搬します​(一般廃棄物と産業廃棄物でそれぞれ許可を受けている業者に委託します)。

Q、身内が孤独死してしまいました。そのような現場でも大丈夫ですか?

​A、大丈夫です。孤独死して時間がたってしまっているような現場では、特殊清掃(消臭・殺菌・害虫駆除・薬剤散布など)が必要です。特殊清掃は、自特殊清掃の専門業者に依頼して行います。専門業者に依頼する場合は、事前にお客様の許可をとった上で、かかる費用を見積もりと合わせて請求することとなります。

Q、ゴミ屋敷状態でも依頼できますか?

A、はい。大量のゴミがあふれかえった状況や、孤独死のような現場であっても、状況に応じて作業します。大量のゴミがある場合は、大型車の手配が必要となることがあります。その場合、事前にお客様の許可をとった上で、かかる費用を見積もりと合わせて請求します。

Q、遺品整理業と清掃業って何が違うの?

A、恐らく多くの方が気になっていることだと思います。結論から言いますと、その遺品整理業者によって特徴が大きく異なるので結論付けることは難しいでしょう。 清掃業の方々はお部屋の片づけや仕分け・ゴミの搬出、運搬、あるいは不用品の回収・買取まで行っていることもあります。清掃業者の目的は、依頼された場所を清掃してきれいで衛生的な状態にすることです。しかし中にはご遺品・遺物の整理業を行うこともあり、こうなってしまうと遺品整理業者と同じに感じてしまいます。遺品整理業の方がご遺品・遺物に対して誠実に向き合ってもらえそうな感じがするかもしれませんが、だからといって清掃業の方がご遺品をぞんざいに扱っているということにはならないでしょう。 では当社でも遺品整理を「業」として行っておりますが、清掃業者との違いはあるのか?と問われれば、「ある」と答えざるを得ません。その大きな違いとは、遺品整理を依頼される方の多くが抱える問題を解消してあげられるかどうかです。この問題について詳しく知りたい方は遺品整理は何故やるの?をご覧ください。

Q、遺品整理は何故やるの?

​A、ここ1,2年で遺品整理を業者に依頼して行うケースが急激に増えてきています。北海道では特に札幌市周辺で増加しています。その理由は、最近になって施工された「空家対策特別措置法」によって、固定資産税が6倍に増税される危険性が出てきたためです。つまり、例えば年間で20万円の税金を納めていたものが120万円になるという状況になったことが背景なのです。その中でも、札幌市は施工されてからの進行状況が早いため、札幌での依頼が増えているのです。何故、固定資産税が6倍になってしまうかは空家対策法って何?をご覧ください。 この状況を回避する手段として、住宅の売却・賃貸・解体を行おうと多くの方々が考えたわけですが家の中の不用品の処分をしなければならず、ご自分またはご遺族様が整理されるには難しい場合も多かったために業者に依頼せざるを得ない状況となったわけです。 そして最近ではグループホームや介護付有料住宅等のサービス向上や住み心地の良さにより、介護施設に入所される方が増加しており、家をそのままにされている場合が多く見受けられます。そのまま亡くなられてしまい、相続の段階になってから離れて暮らすご遺族の方が遺品整理をお願いされることが多くなってきているのです。

Q、生前整理は何故やるの?

A、遺品整理は何故やるの?で説明したように、ご遺族様が相続されてから困るケースが増えてきているのが現状です。特に遺品整理をされる時にはお葬式を行なったり相続問題があったりと時間的にも経済的にも消耗してしまった後に行なうので余裕を持って形見分けや供養などを行なうことが難しいようです。また介護施設への入所される場合、入居前に諸費用が掛かってしまったり、毎月のお家賃などの費用もあるため、予めある程度まとまった資金を準備されてから入所される方も増えてきたため、最近では生前整理を行なう方も増加傾向にあります。 また予め住宅をどのようにするかをご家族で相談もしやすくなりますし、場合によっては相続よりも生前贈与のほうがお得なケースもございます。相続だけでも「現金」で残すか「不動産」で残すかによって節税対策も考えていかなければなりません。つまり、遺品整理と生前整理はどちらも節税対策を行うことができるという側面もあるのです。

Q、遺品整理自体に、資格はあるの?

A、あります。遺品整理士認定協会が「遺品整理士」という資格を定めています。遺品整理業に一定のガイドラインを定め、各種関連法令を遵守する必要性を指導し、遺品を「供養」という観点から扱う姿勢を学ばせることで、遺品整理業界の健全化をはかることを目的としています。同協会は、遺品整理をより法規制に遵守した形で行うために、遺品整理の取り扱い手順や遺品整理に関わる法規制などの知識を身につけるためのセミナーを運営しています。このセミナーを受講したのち、リポートを提出することで「遺品整理士」の資格を得られます。民間の資格ではありますが、遺品整理業者としての心構えや必要な知識を学ぶことができます。

Q、遺品整理には、知識や資格が必要?

A、遺品整理の作業を簡単に表すと「仕分け・清掃・査定・搬出・処分」。単純に見えますが、公的資格がなければできない作業があります。

 

1、清掃 部屋にしみついた臭いを除去したり、消毒したりするには、特殊な薬品を使わなくてはなりません。それには、薬品を取り扱う資格が必要です。

 

2、査定 仕分けしたものを査定するには、いろいろなものに関する知識が必要です。ブランド物や貴金属、ゴルフの道具、骨とう、高級時計から美術品に至るまで、さまざまな知識が必要です。さらに、それらを買い取り販売するには、古物商の資格が必要です。

 

3、処分 家電や自転車などを処分するには、ルールがあります。エアコン・冷蔵庫・テレビ・洗濯機の「家電4品目」の処分方法や、携帯電話、デジタルカメラ、ゲーム機、電子レンジ、ドライヤー、扇風機などの処分に関する「特定家庭用機器再商品化法(家電リサイクル法)」をご存じでしょうか。また、不用品を処分するには「一般廃棄物収集運搬業の許可」が必要です。  

 このように、遺品整理にはさまざまな知識や資格が必要です。これらがないと、業者自身が実質的にできるのは「仕分け」と「清掃」だけ。作業ごとに専門の業者を入れることになるので、それだけ時間がかかり、費用も高くついてしまいます。こういったことから、専門的な知識や資格を持つ業者が増えています。

Q、遺品整理業者ってどんな仕事?

A、遺族が故人の残した荷物を片付けたり、処分したりするのをお手伝いする仕事です。荷物を不要物とそうでないものに仕分けし、故人の住んでいた家の中をきれいにします。また、不要物の中でもまだ使えるものを中古品として転売したり、買い取りを行ったりもします。

株式会社 SINCERITY

hui.png