ホーム遺品整理<悪徳行為について

Menu

お見積もりにない追加請求

悪徳業者の不正行為として多いのは『お見積もり』で提示した料金を大幅に超える高額の追加請求です。これは遺品整理・生前整理業者に限らず、あらゆる分野の悪徳業者が行なう手口です。
遺品整理や生前整理も業者にお問い合わせすると、まず『
お見積もり』から始まります。遺品整理のお見積もりは主に住宅の広さと整理・処分されるもの等、買取できるもの、お焚き上げ品の有無、家電リサイクル法に該当する四大家電の量を確認しますが家や部屋が広かったり多かったり、或るいは整理・処分されるもの等の量が多いとその分だけ料金も高くなってしまうのが一般的です。ところが、作業が終わって届いた請求書を見てみると御見積書より遥かに高い金額が請求されていることがあります。この場合、作業をする段階で追加の作業などで上乗せされており、追加の作業とは何か?なぜ追加料金が請求されるのか?を説明されることがないケースが実際にあるようです。このようなトラブルはよく遺品整理士認定協会より各業者への是正・勧告がメールで知らされます。こういった場合、まずお問い合わせ・ご依頼の際は必ずお見積もりを取り、料金だけでなく作業内容もしっかり確認しておくことが大切です。そして高額の追加請求があった場合にはお見積もりの作業内容と照らし合わせながらご依頼された業者ときちんと相談することが重要です。一方でお見積もりされる場合にも落とし穴が潜んでいる場合もあります。多くの業者は無料でお見積もりを行なっていますが業者によっては仕事の依頼に繋がらなければお見積もり料金が発生してしまう業者もあるようです。これはトラブルになるというわけではありませんがお見積もりを取る際も何処まで何が無料なのかを確認しておくほうが安心です。

遺品の勝手な売却・運搬

ご遺品を整理する上でご遺品を売却することがあります。中古品店やリサイクルショップだけではなく遺品整理・生前整理業者が不用品をそのまま買い取るケースもございます。ご遺品や処分されるもの等の中には高価なものが含まれているケースが多く見られます。ここでもトラブルが発生することがございます。例えば悪徳業者にご遺品や処分される予定の品々の買取をご依頼された場合、相場よりも遥かに安い価格を提示されてしまう場合があるのです。ご遺族様・ご依頼主様が相場をよく把握されていれば難を逃れることも可能なのかもしれませんが、ご家族を亡くされた直後や介護施設等へのお引っ越しに気が逸ってしまうなどの気持ちが落ち込んでいたり、正常な判断が出来ない時などは、このようなトラブルを回避するのは非常に難しいことかもしれません。私たちは医療と同じようにこういった場合、セカンドオピニオンをお勧めさせていただきます。また最近増え始めている悪徳行為が、ご遺品をご遺族様・ご依頼者様の許可なく勝手に運び出してしまったり、処分しか請け負わないという内容で安価に仕事を請け負って貴重品の捜索などは一切せず、金品や貴金属をご遺族様に引継ぎしないというものです。遺品整理や生前整理の内容は必ず、ご遺族様やご依頼主様に確認させていただきます。反対にご遺族様やご依頼主様もお見積もりの際には作業内容をしっかりと確認しておくことが重要です。ところが悪徳業者と呼ばれる業者はご遺族様やご依頼主様に確認することなく本来は処分せず、手元に残しておきたかったご遺品貴重品等を運び出してしまうことがあるのです。もちろんこうした不正行為を行なった場合は犯罪となることもあり、実際に摘発された業者もあるのです。遺品整理・生前整理業者の中でも悪徳業者と呼ばれるのはごく一部です。しかし、そんな悪徳業者が存在するのも事実です。そこで遺品整理・生前整理業者を選ぶときは相見積もりを依頼するなどして慎重に選びましょう。

料金についてチェック

どんな業種でも最も多いトラブルはお金・料金に携わるものです。まずはお問い合わせされる業者が、どのような料金で作業を行なっているかを調べてみましょう。現在はインターネットによるホームページの開設や依頼される業種別のポータルサイト等で料金の紹介は必須事項ですので検索されると詳しい料金が掲載されているはずです。反対に詳しい料金設定が記載されておらず、一括パックのみを掲載されている業者には十分ご注意ください。このような業者は作業後に追加料金が発生することが多いといわれています。(オプションによる別途費用の加算等)さらにお問い合わせをした際に、何処から何処までが無料か或るいはどんな場合に追加料金が発生するのかも確認しておきましょう。しっかりとした業者か?怪しい業者か?この時の対応を判断基準にされると良いと思います。

資格についてチェック

もう一つ、しっかりとした遺品整理・生前整理業者なのか?怪しい業者なのか?を判断するための重要なポイントがあります。それは資格認定証です。遺品整理業においては「遺品整理士」という資格が代表的です。

一般社団法人 遺品整理士認定協会」が認定している資格で現在は公的な資格(国家資格)ではありません。
ただ遺品整理士の資格を取得するためには遺品を整理するために必要な技術や心構えを学ぶためのカリキュラムが課されています。さらに認定した遺品整理士が不正行為を行ない、それが発覚した場合は資格の取り消しと公表を行なうなどの対応を行なっています。遺品整理業者を探す場合には、この「
遺品整理士」という資格を一つの基準にされるのが良いかと思われます。遺品整理・生前整理業界では現在でも悪徳業者の被害を受けているご遺族様・ご依頼者が多くいます。ご家族を亡くした上に、悪徳行為により悲しい思いをするご遺族様が少しでも減るように「遺品整理士」といった資格があるのです。遺品整理業者・生前整理業者に仕事を依頼される際は今回ご紹介したポイントを抑えておくことでトラブルに巻き込まれるリスクは大きく減るかと思われます。

※最近では遺品整理士認定協会に加入していないにも関わらず加入しているかのように偽装したり、遺品整理士がいないにも関わらず「遺品整理士在中」と記載しているバナーをコピーされている遺品整理業者もあるようです。「一般社団法人遺品整理士認定協会」の公式ホームページでもブログに書かれていますが今後そのような悪徳業者も摘発していく姿勢を示しておられましたので、そういった意味でもお客様に信頼されるために透明性の高い業者を目指していく必要があるでしょう。遺品整理業者・生前整理業者を選ぶ際のポイントは「遺品整理士認定協会」の公式ホームページに記載されている優良企業一覧を参考にしていただくか「みんなの遺品整理」を参照していただけると安心です。

株式会社 SINCERITY

hui.png