ホーム遺品整理<遺品供養

Menu

大切な方の思い出の品や愛用品を不要になったとはいえ、そのまま処分するというわけにはいかないかと思います。

株式会社SINCERITYでは思い出の品や愛用品の他、仏壇や仏具、位牌、ぬいぐるみや人形など人(ご先祖様や故人)の魂が宿ると考えられる品々の魂抜きやお性根抜き等の供養・お焚き上げを行います。

お墓参りに行くのが難しい遠方にお住まいの場合などには、永代供養のご相談も承りますので、お気軽にご連絡ください。

遺品整理をご自身でされた場合には供養のご依頼のみでも承ります。

 

永代供養とはお墓参りをしてくれる人がいない、またはお墓参りに行けない方に代わって寺院や霊園が管理や供養をしてくれる埋葬方法のことを指します。「永代」といっても「未来永劫」という意味ではなく、遺骨の安置期間には一定の期限が設けられています。

遺品供養とお焚き上げ

遺品供養とは、お寺や神社で僧侶や神主にお経や祝詞を唱えてもらい、物に宿っている魂を抜いてから処分してもらうことです。感謝を込めて遺品を供養することで故人を偲びます。供養にはご自宅まで訪問してくれる現場供養と、他の遺品と合同で行う合同供養があります。

お焚き上げとは大切にしていた物を焼却し、浄火することで魂を天に送って供養することです。古くは神棚や仏壇など粗末に扱えない物に対して、焚き上げをすることが一般的でした。

現在では手帳や手紙、写真や寝具など様々なご遺品も焼却できる物であればお焚き上げの対象となっています。

※供養を弊社にお任せいただいた場合、寺院やお焚き上げセンターよりお焚き上げ証明書を発行していただきますので安心してお任せください。

遺品供養はしなければならないのか?

ご遺品の供養を行う主な理由としては故人やご先祖様を偲ぶ思いがあり、古くから日本ではそのお品を使用されてきた方の想いが宿ると考え、その想いを成仏・浄化するために行なわれます。

しかし、ご遺品や供養に関する考え方はその方の価値観や宗教観(宗派)によって様々であるため、必ずしなければならないものではありません。

ご遺品の供養をすることで、ご遺族様が前を向いてこれからの人生を歩めるようになるのであれば当然した方がいいですし、供養せずとも納得できるのであれば行なわないという選択もあると思います。

しかし、後になって後悔しないためにもよく考えて決断することが大切です。

わからないこと等ございましたら、お気軽にご相談ください。

株式会社 SINCERITY

hui.png