ホーム遺品整理<サービスのご案内

株式会社SINCERITYには遺品整理士資格(地区統括会員)や生前整理の技能を持つ、「生前整理・遺品整理のプロ」が在籍しております。遺品整理士はご遺品の整理が普通の不用品処分とは全く異なるものであり、遺品をどのように扱うべきか?ご遺族様の心に寄り添った遺品整理とはどのようなものなのか?を深く理解し、故人が生活されていた特別な空間にお邪魔させていただき、ご遺品という故人が大切にされてきた想い出を扱わせていただくお仕事であるという認識を心掛けて作業を行います。そのため、株式会社SINCERITYではご遺品の全てを不用品として廃棄してしまうようなことは絶対に致しません。1つ1つ細かく確認作業を行ない、ご遺族様・ご依頼者様に確認を頂きながら、迅速で丁寧に作業を進めてまいります。仕分け作業の中で出てきた不用品は出来る限り、「買取」をさせて頂き、徹底した分別で処分するものを削減いたします。故人が大切にされていたものを単にごみとして扱うことはございません。安心して弊社にご相談ください。

ご遺品の仕分け

ご遺族様にとって大切な方のご遺品を扱いますので、不用品としてではなく「ご遺品」として丁寧に扱います。一見、当たり前の事ですが現状としてマナーやモラルの低い業者も現実には存在しており、ご遺品の盗難や不法投棄、見積り時とは異なった高額請求などが発生していることをメディアや新聞で取り沙汰されているのを目にします。株式会社SINCERITYでは、通帳や印鑑、現金などの他、資格証や直近の公共料金などの請求書と考えられるもの全て貴重品として扱い、捜索で出てきた貴重品は一つの箱にまとめて保管させて頂き、ご遺族様・ご依頼者様に確認を取り、『これからも使うご遺品』『形見とされるご遺品』『買取を希望されるご遺品』等に迅速かつ丁寧に仕分けさせて頂きます。また、ご遺族様・ご依頼者様に『捜索依頼品』につきましても確認を行ない、作業時に必ず見つける覚悟で作業に挑みます。処理の面倒な家電製品も問題ありません。家電リサイクル法が適用されております4品目(テレビ・冷蔵庫【冷凍庫】・洗濯機【乾燥機】・エアコン)についても、買取又は処分を致します。大きな家財の場合はしっかりと養生をした上で搬出させて頂きます。買取も積極的に行ない、お客様のご負担を減らせるよう努めてまいります。

遺品整理士とは

『遺品整理士』とはご遺族様の間で兼ねてより行われていた形見分けを事業として代行するにあたって、より法規制に遵守した形で行なっていけるよう、遺品整理の取り扱い手順や遺品整理に関わる法規制等の知識・心構えを正しく身に付けた一般社団法人遺品整理士認定協会が認めた者に与えられる資格を有する者のことです。一般の方の中には"ご遺品の整理"を"ご遺品の処理や処分"と捉える傾向がありますが遺品整理士は故人が生前に愛用され、故人の想いのこもった品々を"供養"という観点から取り扱う方法について学んでおります。こうした1つの命が残した大切なものを扱わせて頂ける仕事の中で、"命の尊さ"や"命の重さ"について、深く考える機会を与えていただけていることを私達は誇りに感じております。

サービスのご案内

01.生前整理と遺品整理

生前整理とは、老後の暮らしを見据えて身の回りを整理整頓し、生活空間に快適さと安らぎのスペースを作り出します。『老前整理』と言われる方もいらっしゃいますまた遺品整理の場合、故人が大切にされてきた品々を尊厳の下にご遺族様・ご依頼者様と一緒に丁寧に片付けていくように心掛けております。

故人が大切に愛用されていた品々を遺品整理という作業の中で単に処分廃棄するというわけにはいきません。故人の威信と尊厳を守るため、私達はご遺品の供養として魂抜き・お焚き上げを推奨させて頂いております。

03.特殊清掃

故人が発見されるまでの時間が長く、また夏場等の気温が高い状況下ではご遺体の腐敗は進んでしまいます。その結果、住まわれていたお部屋の床や壁などに大きなダメージが残ってしまいます。このような住環境の現状回復に努めております。

故人が大切にされてきた品々や思い出が詰まっていて、なかなか処分できずにいた品々の買取・回収を行っております。また回収させていただいた品物は依頼人の許可の元、生活が困窮している方への寄付やボランティア団体『犬のM基金』への寄付、障害者の方の独立のための支援(家具の寄贈や『社会福祉法人 札親会』様に在職されている就労支援者の雇用)など様々な分野への支援として大切に遣わせていただいております。

株式会社 SINCERITY

hui.png
  • Facebook
  • Twitter
  • YouTube
  • Pinterest
  • Tumblr Social Icon
  • Instagram