検索
  • 櫻井 皇和

お気を付けください!

最終更新: 9月24日

いよいよコロナ感染者が1000人を突破したというニュースを

観て憂鬱な気分で過ごしております。


私たちはお陰様で事務所の移転による忙殺の日々から抜け出し、

6月から続く休日なしの現場浸けの日々を楽しく過ごしております。

さて今回ですが、このコロナによって出来た助成金により、

今まで実施されてきた助成金が使えなくなってしまうという事態が

起きました。インターネットで調べてみましたが、

検索してもそんなこと一言も書かれていなかったので今後、皆様が

私と同じように落胆することがないようにここに書かせていただきます。


今回、弊社では新型コロナウイルスにより、3月から5月まで従業員を

交代で休んでもらうようにしておりました。もちろん雇用調整助成金の

申請を行なっていたので、休業の補償もしておりました。


変なのはこの後なんですが5月に雇用調整助成金の申請の際に障害者トライアルの

申請も同時に行なったのですが特に窓口から何も言われなかったので、そのまま

申請し、トライアルの支給がされることはありませんでした。

そうして今日、高齢者トライアルの申請に訪問した際に窓口から聞いた内容は

雇用調整助成金の申請と併せてトライアルの支給は出来ないとの意味が分からない

内容でした。


それなら何故、最初の申請の時に何も言わずに申請を受け付けたのか?

納得できませんでした。私と同じように労働局にクレームされている企業様も

あると言ってましたが当然だと思います。そして言い訳の『私たちも急な対応で・・・』

いや、私たちも初めてですよ(笑)呆れて笑ってしまいました。


税金を取るときは躍起になって、遅延だ何だと利息まで取るのに困っている状況で

助成金の申請すると、いつの間にか内容が変わっているという行政の対応。


批判するつもりはないけど、これじゃあ倒産する会社が増える予測が出来て当然だと

感じました。本当に残念です。


今回の結論からいうと、従業員にすでに休業補償した雇用調整助成金を返納して

雇用調整助成金の申請を取り消すか、トライアルを諦める選択肢しかないようです。


本当に少しずつですが国が腐っていっているなと感じました。

せめて最初から併用できない旨の説明くらいあってもいいんじゃないかと憤りを

感じました。皆様も事前にしっかりと聞き取り等で調査してから行動して

頂けたら幸いです。


今回は面白くない内容で申し訳ございません。

でも私はここに書いたことで少しだけですがスッキリしました。

24回の閲覧

最新記事

すべて表示

ある日の休日

先日85才になる知人からレンジフードのカバーをかけて欲しいとの事。訪問してみるとこれはお掃除から始めないと・・・・。日を改めて洗剤などを準備して訪問しました。

若気の至り

今日は、悪いことは出来ないなぁと云う青春時代の苦い思い出です。

ロゴ透過HP版.png

株式会社SINCERITY

hui.png
  • Facebook
  • Twitter
  • YouTube
  • Pinterest
  • Tumblr Social Icon
  • Instagram