検索
  • 中野 晃汰

ネットリテラシーについて

初めまして!中野です。 今回は自分が思うネットマナーやネットリテラシーの疑問について話したいと思います。 そもそもネットリテラシーとはインターネットを使用するにあたって必要な知識や能力など 適切にネットを扱える人のことを指す言葉なのですが多機能化していく携帯普及の速度に付いていけない人が多いのが現状だと感じます。 現在、学校や社会でもスピード化や簡略化の為、紙を使わず機械で処理をすることが当たり前になってきており、パソコンやスマホを利用する人が増えてきました。

それに伴いネットスキルが高いからネットリテラシーも安心と考えてしまう人が多いかと思います。ネットに触れすぎると情報を鵜呑みにしてしまい、情報の真偽を判断する能力が著しく脆弱になってしまいます。SNS(TwitterやFacebook)で何かを発言、拡散する場合もよく調べて誤った情報を拡散しないように気を付けていこうと思います。 最後にネットリテラシーの低い人はセキュリティの甘さが目立ってしまいます。

社内、自宅のパソコンに付箋などにパスワードを貼ってはいませんか? 誕生日や名前をパスワードにしていませんか?

こうした場合は覚えやすいですが危険な目に遭ってしまう可能性が高まります。

また、無料アプリなどで遊ぶ場合も広告などをクリックしてしまい、個人情報や秘密を公開してしまうといった事例もございます。

インターネット上は便利な情報や娯楽だけではなく、嘘の情報やフィッシング詐欺など悪意を持った人達が多数います。


セキュリティやプライバシーに注意を払ってネット社会に向き合っていきたいです。

8回の閲覧

最新記事

すべて表示

終の棲家

私の88才になる知人からサービス付高齢者住宅を探してほしいとの相談がありました。

歩く

補助食品

ロゴ透過HP版.png

株式会社SINCERITY

hui.png
inunoMkikin.png
  • Facebook
  • Twitter
  • YouTube
  • Pinterest
  • Tumblr Social Icon
  • Instagram