検索
  • 柴田 幸枝

姉の百箇日に思う

皆さんこんばんわ。

現場作業員の柴田でございます。


今年、お正月明けの1月11日に姉(次女)が亡くなり、4月20日で百箇日を迎えます。


姉(三女)が看取った時のことが思い出されます。


姉が亡くなる前に大好きだった「福田こうへいの南部蝉しぐれ」を聞かせると39度近くの高熱にも関わらず笑顔で「ありがとう」と何度も頷いてくれていた様です。


亡くなった後、みんなでその録音を何度も聴きその光景を思い浮かべました。


今年は、亡父の13回忌でした。

姉は、心残りだったでしょうか?

亡くなった後、姉のバッグから早くに亡くした長男、次男の写真が数枚出てきてきました。


やはり辛く、悲しく、さぞ寂しかったことでしょう。

それにも関わらず、明るく、強く、前向きだった姉。

私たちの誇りです。


今は好きだった菊の花を祀り、大好きな姉を偲びます。

残された私たちは姉の分も明るく、強く、前向きに頑張ろうと思います。


12回の閲覧

最新記事

すべて表示

コロナをやっつけろ‼️

コロナウイルスがまた大暴れしていて連日どのメディアでも大騒ぎされています。一体いつになったら、この自粛生活が終わって落ち着くんだろうと思う日々です。

ロゴ透過HP版.png

株式会社SINCERITY

hui.png
inunoMkikin.png
  • Facebook
  • Twitter
  • YouTube
  • Pinterest
  • Tumblr Social Icon
  • Instagram