スタッフブログ.png
検索
  • 柴田 幸枝

帰省に思うこと

皆様、こんばんわ。

現場作業員の柴田です。


何年ぶりかで、お彼岸ということもあり、実家に帰ってきました。

大正15年生まれの母は94歳になりました。


寝たきりになって1年。

少し痩せていましたが、三男が作る食事が美味しいと、まだまだ食欲があり、元気でとても安心しました。


母は生後7ヶ月ごろから養母に育てられました。

養母は目が不自由だったため、7歳ごろから子守り奉公をしてたと聞かされています。

18歳で父と結婚し三男四女に恵まれ、その頃の写真の母は、素敵な笑顔で、

今も私の心に刻まれています。


寝たきりの母は今、何を思い、自身の波乱万丈な人生を振り返っているのでしょうか?

幸せだったと思えているのかしら?

母の歳に近づけば分かるのでしょうか?


母の寝顔を見ながら「今度来るまで元気でね〜」と伝え、

健康を願いつつ帰路につきました。

充実した良いお彼岸でした。

17回の閲覧

最新記事

すべて表示

こんなに穏やかに、のどかに、盛り上がる?

57年ぶりに東京で開催されたオリンピックは、新型コロナの影響による史上初めての延期を経て、7月21日に復興に因んで、東日本大震災の被災地の一つ。福島市の県営あづま球場でのソフトボールの予選から始まりました。

大好きなラーメン

先日、行きつけのラーメン屋に行って来ました。店は繫盛しているのですが支払いは自動販売機になり、入口と出口が別々になり、テーブルには黙食・マスク着用の紙が貼られて両脇には透明なアクリル板が設置されていました。