検索
  • 柴田 幸枝

帰省に思うこと

皆様、こんばんわ。

現場作業員の柴田です。


何年ぶりかで、お彼岸ということもあり、実家に帰ってきました。

大正15年生まれの母は94歳になりました。


寝たきりになって1年。

少し痩せていましたが、三男が作る食事が美味しいと、まだまだ食欲があり、元気でとても安心しました。


母は生後7ヶ月ごろから養母に育てられました。

養母は目が不自由だったため、7歳ごろから子守り奉公をしてたと聞かされています。

18歳で父と結婚し三男四女に恵まれ、その頃の写真の母は、素敵な笑顔で、

今も私の心に刻まれています。


寝たきりの母は今、何を思い、自身の波乱万丈な人生を振り返っているのでしょうか?

幸せだったと思えているのかしら?

母の歳に近づけば分かるのでしょうか?


母の寝顔を見ながら「今度来るまで元気でね〜」と伝え、

健康を願いつつ帰路につきました。

充実した良いお彼岸でした。

17回の閲覧

最新記事

すべて表示

らしさについて

昨今、性差別、ジェンダーギャップに対する運動が全世界に広まっでいます。この問題に対しては、太古の昔から議論されている事で人類は、解決出来ないまま今世紀に至っています。

健康が一番

最近、大変ショッキングな事があり、体に変調をきたしました。そこでチェック。脳のMRIと血流検査を受ける事にしました。

ロゴ透過HP版.png

株式会社SINCERITY

hui.png
inunoMkikin.png
  • Facebook
  • Twitter
  • YouTube
  • Pinterest
  • Tumblr Social Icon
  • Instagram