top of page
札幌市近郊または北海道内の家財整理(遺品整理・生前整理)を行なうスタッフブログ
検索
  • 三春 祐樹

映画紹介 第一弾

今日は好きな映画を2つ紹介したいと思います。 ●メメント 主人公のレナードは、妻が強姦の末殺されたショックでひどい記憶障害に陥った。それは10分以上記憶を保持できないというもの。

事件前の記憶と妻が殺される瞬間の記憶を頼りにレナードは犯人捜しを始める。 得た手掛かりをタトゥーとして体に刻み、ポラロイド写真にメモを残す。 全ての謎が解明された時、彼は何を思うのか・・・ 記憶を無くす主人公、嘘を吹き込む登場人物たちを客観的視点から見ていく映画です。 ラストは本当に頭を抱えてしまいました。

●プリデスティネーション

とあるバーを訪れた青年ジョンは、バーテンダーに勝負持ち掛けられる。

『面白い話をすれば、酒を1本奢る』

ジョンは自身が歩んだ人生を語る。

女性として生まれたジョンは孤児院で育ち、付き合っていた流れ者の子を宿すも彼に去られ、さらに赤ん坊を何者かに誘拐されるという壮絶なものだった。

それを機に男性として生きることを選んだジョンに、バーテンダーは酒を1本渡し言う。

「お前の人生を壊した男を差し出す」

バーテンダーは自分の正体を未来からやってきた時空警察のエージェントだと明かす。


観ていくうちに深まる納得と既視感、

円を描くような主人公の人生を感じられる映画です。


両方とも2回観ると張られた伏線などが見えて面白いと思います。

時間があればぜひ見てほしいです。


閲覧数:3回

最新記事

すべて表示
bottom of page