スタッフブログ.png
検索
  • 柴田 幸枝

人生百年

人生百年時代。


作家の森村誠一さんは埼玉県熊谷市に生まれて、B29の空爆にあったのが小学校の6年生だったそうです。


生と死を強く感じたそうです。


今コロナ集団接種に老人の不安そうな顔に昔を思い出したそうです。


人生百年時代、私は人間は旅人ではないかと感じます。

人生と言う旅を歩き続ける。


老いていく自分自身を生きる情熱と明日を生きる事ではないでしょうか。


大きな夢だけではなく小さな夢でも生きがいを探すと案外やる気が出ると思います。

老いていくとはそうゆう事かも知れませんね。

10回の閲覧

最新記事

すべて表示