検索
  • 柴田 幸枝

姉の癌

最終更新: 9月24日

柴田です。


70代の姉が乳癌ステージ4との事。

検査で疲れて食欲も落ち、訪問診療も抗がん剤も拒否。

旦那様も他界し、自宅で最後まで過ごすとの事。

軽い妄想があり、癌が治ると思うように死を待って居るのか?


ヘルパーさんに感謝しながら人に迷惑をかけたくないと言って

少しせっぱつまった様子が見えます。希望を持ち続ける強さ、

子宝にも恵まれず夫婦愛が強かったのか?


人は迷惑をかけながら生きて居るのではないでしょうか。

死を目の前にしてみないとわからない事です。

日々の生活の中で『ごめんなさい、ありがとう』の言葉を感じたく思います。

11回の閲覧

最新記事

すべて表示

ある日の休日

先日85才になる知人からレンジフードのカバーをかけて欲しいとの事。訪問してみるとこれはお掃除から始めないと・・・・。日を改めて洗剤などを準備して訪問しました。

ロゴ透過HP版.png

株式会社SINCERITY

hui.png
  • Facebook
  • Twitter
  • YouTube
  • Pinterest
  • Tumblr Social Icon
  • Instagram