スタッフブログ.png
検索
  • 柴田 幸枝

姉の癌

最終更新: 2020年9月24日

柴田です。


70代の姉が乳癌ステージ4との事。

検査で疲れて食欲も落ち、訪問診療も抗がん剤も拒否。

旦那様も他界し、自宅で最後まで過ごすとの事。

軽い妄想があり、癌が治ると思うように死を待って居るのか?


ヘルパーさんに感謝しながら人に迷惑をかけたくないと言って

少しせっぱつまった様子が見えます。希望を持ち続ける強さ、

子宝にも恵まれず夫婦愛が強かったのか?


人は迷惑をかけながら生きて居るのではないでしょうか。

死を目の前にしてみないとわからない事です。

日々の生活の中で『ごめんなさい、ありがとう』の言葉を感じたく思います。

13回の閲覧

最新記事

すべて表示

こんなに穏やかに、のどかに、盛り上がる?

57年ぶりに東京で開催されたオリンピックは、新型コロナの影響による史上初めての延期を経て、7月21日に復興に因んで、東日本大震災の被災地の一つ。福島市の県営あづま球場でのソフトボールの予選から始まりました。

大好きなラーメン

先日、行きつけのラーメン屋に行って来ました。店は繫盛しているのですが支払いは自動販売機になり、入口と出口が別々になり、テーブルには黙食・マスク着用の紙が貼られて両脇には透明なアクリル板が設置されていました。