スタッフブログ.png
検索
  • 三浦 壽人

先生

先日、函館に行ってきました。 

61歳で脳出血で突然、他界してしまった友人のお墓を訪れました。

彼は私に釣りを教えて先生です。


始めて釣りに行った時は穴子が釣れて、釣った自分自身がビックリしました。

その時、彼も本当に喜んでくれたことを思い出して今でも嬉しくて楽しかった事を思い出します。

61歳はまだ若いのに人の人生とは分からないものだなと感じます。 人はいつ死ぬか分かりません。天命を全うし、役割を果たし、眠ることを許された者だけに与えられるものだと思います。生きている私達にはまだ役目があるのでしょう。


私も死ぬまでは全力投球で1日1日を大事に生きていこうと思います。


9回の閲覧

最新記事

すべて表示