Q、不動産の評価額の決め方とは?

不動産を所有されている方が簡単に知る事のできる固定資産税評価額について、どのように評価額が決められているのでしょうか?

この固定資産税評価額が基礎となり、毎年、納める固定資産税が計算されております。固定資産税評価額は、各地方自治体が価格を決定しております。毎年のように評価をするのは手続き上、非常に煩雑になってしまうため、3年に1回の頻度で評価替えをしているようです。


土地の評価額は公示価格の70%を目安として評価されております。大体の時価を調べるには固定資産税評価額÷0.7とすると算出する事ができます。

家屋の評価は評価基準日に再度、建てる場合の費用(再建築価格)を基準に経年劣化分を控除して評価を決めております。新築の家屋の場合、建築費の大体50%~70%程度になります。


自宅の評価額を知る方法

固定資産税評価額は毎年5月頃に届く固定資産税納税通知書で知る事が可能です。固定資産税納税通知書は各市町村によって様式が異なりますが『価格』と記載されている数字が固定資産税の評価額になります。課税標準額(実際に税率を掛ける金額)ではございませんのでご注意ください。また各市役所の窓口で固定資産税評価証明書を取得する事もできます(手数料がの負担がございます)。委任を受けた人であれば本人以外でも取得が可能です。