スタッフブログ.png
検索
  • 櫻井 皇和

メダカ飼育にもう一度挑戦!

更新日:7月6日

去年の秋、一度メダカ飼育に挑戦しました。

熱帯魚の飼育も落ち着き、余っていた水槽に20匹のメダカを購入し、飼育に挑戦したのですが全滅させてしまいました。


あの時の絶望感から魚の飼育は控えていました。


年が明けて春・・・。

休日の前日夜に目に飛び込んできたYouTubeで『初心者でも飼えるメダカ』的な動画を見て再度、挑戦しようと思い立ちました。


前回は準備も満足にせず、挑戦した結果、尊い命を散らしてしまいました。

様々な情報を基に勉強した今回は水質にも問題があったのではないかと思い、卵から飼うという事と準備を徹底的に行なってからの飼育の2点に絞って行動開始しました。


まずはグリーンウォーターを作り始めました。

最初は青っぽく見えますが、これは『ハイポネックス(肥料)』の影響です。

この段階では全然グリーンウォーターとして使うことが出来ません。曇りの日が多い最近では稀に見られる太陽が出た時に駐車場に置いてグリーンウォーターを作っている状況です。


すぐに出来上がってくるものではないようなので種水も兼ねて市販されているグリーンウォーターを購入してみました。

左側が卵から孵化した稚魚を飼育する水槽で右が卵を孵化させるために用意した水槽です。

左側の水槽には購入したグリーンウォーターを。右には卵の天敵となるカビを防止するための薬である『メチレンブルー』を投入しています。


早速1匹孵化しました。

小さいですが大切な命です。待ちに待った孵化です。

感動と歓喜で興奮してこの日は朝まで起きて世話しました。


後はビオトープですね。これもYouTubeで勉強しました。

その中でも初心者には難しいと言われていた『キューバパールグラス』に挑戦しようと

毎日世話を続けています。植えて7日経った状態がこれです。

もう心が折れそうです。芽が出てこない。種もカビが繁殖したらどうなるんでしょうか?

不安でいっぱいですが出来る限りの努力は続けていきたいと思っています。


どんな理由があるにせよ生き物を飼育するというのは人間のエゴなのかもしれないと感じます。「寂しさを紛らわすため」「癒しのため」「可哀相だったから」色々な理由がありますが一番いいのは自然の中で自由に生きる事なのではないかと思ってしまいます。品種の改良や異国の地から運ばれてきて害獣のように扱われているのを目にすると悲しくなります。


飼う以上は責任がありますが充実したインドアライフの喜びと自分が人間である事の申し訳なさの葛藤の中で「どうしたら一緒に過ごして幸せにしてあげられるのか?」を毎日考えています。


ただ、今はこの命たちが儚く散っていかぬよう、最大限に許される限りの時間を費やしていきたいと思っています。

31回の閲覧

最新記事

すべて表示