スタッフブログ.png
検索
  • 柴田 幸枝

古希を迎えて

柴田でございます。

60才になり、三男四女で一番末っ子の私でした。

家が農家だったので、父母は貧乏暇なしの日々でした。 父は秋仕舞いが終わると私を連れて出稼ぎの生活でした。 兄姉達と年が離れていたので家族揃って食卓を囲む事がなかったと思います。 父母はそんな私達をとても不憫に思ったそうです。

兄姉達の話しによると、私はとても明るく元気な子供だったと口を揃えて言っていました。

31才で結婚し、色々ありましたが私は今とても幸せな人生を送る事が出来ています。


いつまでも何もないけど幸せな日々が続いてほしいと切に願っています。

9回の閲覧

最新記事

すべて表示

こんなに穏やかに、のどかに、盛り上がる?

57年ぶりに東京で開催されたオリンピックは、新型コロナの影響による史上初めての延期を経て、7月21日に復興に因んで、東日本大震災の被災地の一つ。福島市の県営あづま球場でのソフトボールの予選から始まりました。

大好きなラーメン

先日、行きつけのラーメン屋に行って来ました。店は繫盛しているのですが支払いは自動販売機になり、入口と出口が別々になり、テーブルには黙食・マスク着用の紙が貼られて両脇には透明なアクリル板が設置されていました。