スタッフブログ.png
検索
  • 櫻井 俊弘

身近に感じた新型コロナウイルス

今、世界中に猛威を奮っている新型コロナウイルス。

その猛威がついに身近にいる友人を襲いました。


以前は頻繁に会っていたのですがこの騒動で最近は電話でのやり取りのみになってしまっていました。ここ2ヶ月ほど音沙汰ありませんでしたが、お互いに忙しい日々を送っているのであまり心配はしていませんでした。が・・・


その友人の談

「お久しぶりです。私は最近家族でコロナに感染して、ひどい事になりました。ホテルで10日間、自宅で10日間と合わせて20日間も仕事をお休みして軟禁状態でした。やっと先週から職場復帰しました。私の症状は軽く、家族も熱と咳が少し出ただけで大した事は無かったので助かりました。私達の場合、新型コロナの症状?はほとんど無症状なので大丈夫でした。

しかしながら外出ができなく、ほぼ動かないと人は食欲が無くなり、本当に軽い悪寒や吐き気など体調が悪くなってきます。やっぱり普通の生活が一番ですね!健康の大切さをしみじみ感じました。」


家族の感染経路は恐らく友人本人からでしょう。(以前からの習慣で「ススキノ通い」からかな?)


友人は即、職場復帰できたからまだマシですが、場合によっては退職も考えられます。そうなると金銭面も・・・


飲食店の方々はこの影響をモロに受け続けておりますが、このコロナ禍は魔の触手をじわりじわり確実に近くまで伸ばしてきています。


本当にやばいですね。


耳タコですがマスクの着用は基より、皆で検温・うがいや手洗い、殺菌を含めた消毒に除菌。そして危険なところには「行かない」「近づかない」


当たり前に決められた事をキチンと守る事で切ない思いから、またその危険から家族を守れるんです。


今こそ気を引き締めましょう!自己管理が強く求められています。


世界中で、これ以上、苦しく切ない思いが続かぬよう、また家族にさせぬよう強く願う今日この頃です。


現場作業員の櫻井でした。

17回の閲覧

最新記事

すべて表示