検索
  • 川村 眞由美

終の棲家

川村です。


私の88才になる知人からサービス付高齢者住宅を探してほしいとの相談がありました。


札幌駅近くの自宅マンションで最後まで暮らすと言っていましたが食事の事など一人で居る事が不安になったようです。


すぐに信頼が出来る取引先の方に探して欲しいとお願いしました。


終の棲家を・・・と考えていた私達は説明を受けて愕然としました。

介護の度合いで施設が変わるそうです。

話を聞いていて勉強になりました。


わが社も無事に3年が過ぎて4年目を迎えることができました。

昨年あたりから、以前に「お引っ越し」や「家財整理」をさせて頂いた御家族様からご紹介や再度ご依頼を頂く事が多く有り、腑に落ちた気がします。


家族に出来るだけ迷惑をかけずに最後を迎えたいと思いますが、なかなかそうはいかない仕組みになっているようです。そのためにも、5年6年と長く信頼され、お役にたてる会社になるよう勉強しなければと思っております。

8回の閲覧

最新記事

すべて表示

らしさについて

昨今、性差別、ジェンダーギャップに対する運動が全世界に広まっでいます。この問題に対しては、太古の昔から議論されている事で人類は、解決出来ないまま今世紀に至っています。

健康が一番

最近、大変ショッキングな事があり、体に変調をきたしました。そこでチェック。脳のMRIと血流検査を受ける事にしました。

ロゴ透過HP版.png

株式会社SINCERITY

hui.png
inunoMkikin.png
  • Facebook
  • Twitter
  • YouTube
  • Pinterest
  • Tumblr Social Icon
  • Instagram